1. トップ
  2. 後援会とは
  3. 会則一覧
  4. 芝浦工業大学後援会 支部規約

後援会支部は、支部会員の意向を後援会本部の活動に反映し、支部出身学生の福利厚生に寄与することを目的とする。

第1条(根拠)

芝浦工業大学後援会会則第1条と第18条により本規約を定める。

第2条(構成)

支部は特定地域ごとに置き、その地域内の正会員により構成し運営される。

第3条(役員)

支部には支部役員として支部長1名、副支部長2名、会計を担当する幹事、監査を担当する幹事、その他の役員および若干名の支部幹事をおく。

2.支部長は支部の会計業務を兼務することはできないものとする。

第4条(選出)

支部長は総会において選出し、会長が委嘱する。

2.また、副支部長ならびに、会計を担当する幹事、監査を担当する幹事、その他役員は支部幹事の中から 互選により選出し、支部長が委嘱し、会長に報告する。

第5条(任期)

支部長の任期は、芝浦工業大学後援会会則第10条に定める任期とし、副支部長ならびに、会計を担当する幹事、監査を担当する幹事、その他役員の支部幹事としての任期は各支部において定めることができるものとする。

2.ただし、芝浦工業大学後援会会則第5条における正会員退会後の役員任期は、定期総会終了日までとする。

第6条(支部総会)

支部総会は、毎年一回開催するものとする。

2.支部総会の運営は、芝浦工業大学後援会会則第14条に準じて行うものとする。

第7条(運営費)

各支部は、後援会からの事務補助費により運営する。

2.事務補助費については、会長及び監事からの請求に基づき執行状況を報告するものとする。

3.事務補助費を利用した交通機関による移動については、最も経済的・合理的と認められる経路によるものとする。

第8条(規約)

各支部は、それぞれ支部規約および細則を定めることができる。

第9条(届け出)

前条による規約および細則の制定と改廃は、会長に届け出るものとする。

第10条(規約の改廃)

この規約の改廃については、後援会常任幹事会の議を経て、後援会幹事会にて行う。

付則

1.本規約は、平成4年1月18日から施行する。

2.本規約は、平成26年6月28日より施行する。